ばたばたの日常ブログ

自由に楽しく、雑記記事を更新していきます。 ばたばたの詳しいプロフィールを見たい方は、アイコン画像の横にあるid:batabata_htを押してください。

コンタクトと眼鏡の選択

どうもこんにちは、ばたばたです。

 

今回は、コンタクトについて、また眼鏡のことも少しだけ、コンタクト使用歴7年の立場から、軽くまとめてみようと思います。

ただ、まともに記事を書いても、眼科やその他のホームページには情報量で絶対に劣るので、僕自身の感覚と偏見だけで書いていきます。

 

値段について

 

今日、コンタクトを買いに眼科へ行ったのですが、2weekレンズ1箱で約3000円でした。僕の普段購入しているコンタクトは1箱に6個(両目3個ずつ)入りなので、1箱で6週間、一年分だと約8箱必要です。つまり、僕の使用しているコンタクトレンズなら、年間約24000円の出費です。この値段をどう思うかは人次第ですが、そんなに高額ってわけでもないですよね。眼鏡の値段は本当に幅があるのですが、安いので1万円くらいでしょうか。

 

眼鏡の手軽さも素晴らしい

 

僕自身、コンタクト派なんですが、コンタクト愛用者でも大半の人は眼鏡を持っていると思います。単純にコンタクトは長時間するわけにはいかないので、家の中で使う用として持っているのですが、なにより楽です。なんせただ眼鏡をかけるだけなので。

 

コンタクトの利点

 

これは、コンタクト使用者なら共感していただけるかもしれないのですが、朝コンタクトをつけたら目が覚めてシャキッとする気がするんですよね。やっぱりコンタクトは濡れている状態なので、その濡れたものを目に付けるわけですから。そして、一気に視界がすっきりしますし、眠気覚まし効果はあると思います。

 

ソフトレンズとハードレンズ

 

ソフトレンズは、ハードレンズに比べてゴミが目に入った時の痛みを感じにくいみたいです。ただ、そうやって痛みを感じにくい分、痛みを感じる場合は念のためにすぐにコンタクトを外したほうがいいと思います。そして、ハードレンズはソフトレンズに比べて痛みに敏感なので、目の病気に気づきやすいというメリットもあります。おそらくハードレンズ使用者よりはソフトレンズ使用者のほうが多いです。

 

個人的結論

 

お金に余裕があるならコンタクトを買ってみることをおすすめします。その時におそらく眼鏡も買うことになると思いますが。当たり前なんですけど、やっぱり眼鏡ってかけてるんですよね、なのでたまに邪魔に感じることもあります。そのストレスがないだけでも大分違ってきます。やっぱり毎日使用するものですから、その少しの差が日々のストレスに変わっていきますしね。ただコンタクトは直接目に付けるものなので、日々の洗浄や使用期限の管理を怠ることは絶対許されません。

そこさえ意識できれば、ぜひコンタクトの使用をおすすめします。